So-net無料ブログ作成
検索選択

「ミュージック・オブ・ハート」~映画と実話~ [映画]

なぜか「エルム街の悪夢」のウェス・クレイヴンが監督した

「ミュージック・オブ・ハート」(1999年 アメリカ)

は実話に基づいた音楽映画で有名な作品である。

主演はヴァイオリン教師ロベルタ・ガスパーリ役でメリル・ストリープ、友人の教師役でラテンポップス歌手グロリア・エステファンも共演している。

この映画を先にテレビ放映で観たが、すいぶん以前にNHK-BSで放映されていた実話ドキュメンタリー

"Small Wanders - Roberta Tzavaras and Her East Harlem Violin Program"
(邦題「ハーレムのヴァイオリン教室 ~ロベルタ先生と50人の子どもたちの奇跡~」1995年 アメリカ)

もDVDにダビングしたままだったので、思い立って映画と実話ドキュメンタリーの両方を観た。 


離婚して子ども2人連れのシングルマザーのロベルタは、ヴァイオリン教師の職を求めてニューヨーク・イーストハーレムの公立小学校にやってくる。
ここで非常勤教師として、選択性カリキュラム(課外授業)のヴァイオリンのクラスを受け持つ。
貧しい家庭の子どもたちばかりが相手なので、楽器は彼女が用意した50挺のヴァイオリンを貸し出している。それで最初は50人から始まったのであるが、後には3校で1年間に150人くらいを教えるようになったという。

ロベルタは、集団レッスンで集中できない子や、家庭で練習できない子など問題を抱えた子どもたちに厳しく臨んでいく。イタリア移民のラテン気質からか、熱く、ときには汚い言葉を浴びせて子どもたちをまくし立てる。
遅刻したり楽器を忘れてくる子、やる気のない子には容赦なく「出て行け!」と切り捨てる。
そんなロベルタに応えて、ヴァイオリンを自ら望んだ子どもたちはメキメキと上達していく。
ヴァイオリンの難しさに投げ出そうとする子どもに「難しいからって、やめてはダメ!」と諭しているが、本当は教えることを投げ出しそうになっているロベルタ自身に言っているのだ。

やがて10年も続いたヴァイオリンのクラスが、役所の支援打ち切りにより存続の危機に直面する。
これを友人・教師仲間の計らいでマスコミ報道され、やがてはスターン、パールマンといった大物ヴァイオリニストの協力を得て、カーネギーホールのコンサート開催にまでこぎつげ、多くの支援を集めて乗り切っていくといった話である。

映画ではロベルタの二人の息子との確執やロマンスなども描かれているが、それ以外のエピソードやレッスン風景はドキュメンタリーに忠実である。
メリル・ストリープはこのロベルタ役のためにかなりヴァイオリンのレッスンを積んでいて「弾きぶり」ではなく実際に弾いた音が映画で使われているらしい。難曲ではないにしてもしっかりしたボウイングで実演しているのでヴァイオリン教師の演技にリアリティがある。

ドキュメンタリーでは校長先生が語っていた「芸術は道具ではない」「人間はアーティストなんだ」という言葉は胸にずしりと響いた。

存続の危機に立たされたヴァイオリンプログラムも、その後は「オーパス118財団」となって続いているらしい。


実際にロベルタが使っていたのが日本のヴァイオリン基本教材のスズキ・メソッド(「鈴木鎮一バイオリン指導曲集」)である。
映画でもドキュメンタリーでもこのなかから「キラキラ星変奏曲」「メヌエット(バッハ)」などが演奏され、クライマックスのカーネギーホールではバッハ「2つのヴァイオリンのための協奏曲」ニ短調BWV1043 第1楽章が、スターン、パールマン、ベル、五嶋みどり等々著名なヴァイオリニストとともにロベルタとハーレムの子どもたちによって大合奏されている。

このハーレムの子どもたちは、家庭・経済・社会環境の厳しいなかでとてもハングリーに、かつ心から楽しんでヴァイオリンと接している姿が感動的である。
ボクが半ば強制的に始めさせたわが息子のやる気があるのかないのか判然としないような態度とはまったく違う。
映画でも息子がよく練習していたような曲を弾いているだけに、息子がヴァイオリンを始めたての頃は、この映画の熱いロベルタに感化されて、ボクも息子につい熱くレッスンして、よく泣かせていた。今にして思えばそれがよくなかったかもしれない。



"Music of Heart"予告編


その後の「ハーレムのヴァイオリン教室」(2008)


映画より バッハ「2つのヴァイオリンのための協奏曲」第1楽章


実際の映像 バッハ「2つのヴァイオリンのための協奏曲」第1楽章

               *    *    *       

ところで手前味噌ながら(何度も貼り付けた動画なので今さらと思われるだろうが)息子とボクの演奏である。


息子とボク バッハ「2つのヴァイオリンのための協奏曲」第1楽章

妻が夕飯の用意をしている隣で弾いていたので、トントンと包丁の音が入っている。
ボクは気楽にジャージ姿だったが、妻にはだらしないカッコでアップして...とブチブチ言われた。
息子は当時小3であった。
粗い画像のせいか、海外からは二人を「父と子」とは思わずにボクのことを大きいほうのお兄ちゃんくらいに誤解しているようなコメントもあった
nice!(0)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

バーンスタイン「ウェスト・サイド・ストーリー」 [ミュージカル]

先週BSで放映していた映画ウエスト・サイド物語」をDVDにダビングしていたのを観た。
むかしもテレビで観たことがあったが20年ぶりくらいだった。

クラシックなミュージカルナンバーなので説明するまでもないが、「ロミオとジュリエット」を下敷きに、ニューヨーク下町の二つの不良グループ(白人系の「ジェッツ団」とプエルトリコ系の「シャーク団」)の縄張り争いのなかでおこるトニーとマリアの悲恋・悲劇をミュージカル仕立てにした物語である。

おそらくミュージカルの舞台ならともかく、映画としてリアルに見ていると、ヤンキーの兄ちゃんらの整然とした鮮やかなダンスに、格闘シーンまでが見事なバレエで、おまけに20~30代くらいの俳優がティーンエージャーを演じているのに突っ込みたくなる。
でもいったんミュージカルの世界にハマってしまうと、ダンスと歌のアンサンブルに魅了されてしまう。

「マンボ」「マリア」「アメリカ」「トゥナイト」など名曲ぞろいである。「マリア」の二重唱などは映画版では必ずしも上手ではないが、聴いていて泣けてくる。


プロローグ


マンボ


マリア


アメリカ
(サビのメロディーの6/8と3/4の変拍子が斬新)


トゥナイト


どこかに(Somewhere)

レナード・バーンスタイン(1918-1990)は1957年に39歳のとき(ニューヨークフィルの音楽監督就任の前年)にこのミュージカルを作曲した。映画音楽ではマーロン・ブランド主演の社会派の映画「波止場」、他にミュージカル「キャンディード」、純音楽としては交響曲、ロックを取り入れた「ミサ曲」なども作曲している(ボクは「ミサ曲」のLPを持っていて、むかしよく聴いていたがとても親しみやすい)。
バーンスタインは作曲方面ではブーレーズのように前衛的な作風ではなかったので、指揮者としての活躍のほうが広く知られている。
それでもこの「ウエスト・サイド・ストーリー」は十分に広く後世に残る名作だと思う。
ヒューマニズムと大衆性を持ち味とした作曲家/指揮者であった。

映画ではバーンスタインは作曲家として名を連ねているだけで、演奏に関わっていないようだが、1984年にオペラ歌手を起用して録音した自作自演盤CDがある。


http://www.hmv.co.jp/product/detail/2577908[『ウェスト・サイド・ストーリー』 
バーンスタイン&オーケストラ、テ・カナワ、カレーラス ]

メイキングビデオもリリースされていてYouTubeにアップされている。
このバーンスタインの映像を観ていると胸が熱くなってくる。



バーンスタイン/テ・カナワ(ソプラノ)/カレーラス(テノール)

映画よりも実力のある歌手ばかりなので、音楽的には充実していて盛り上がる。しかし、あまりにベテラン歌手を起用しすぎた。
カレーラスの張り裂けるような甘いテノールは悪くないが、テ・カナワは(セリフの声は悪くないのだが)老けた太い声質の上に歌い上げ過ぎているのが鼻について、清純なマリアに合わない。マリアの兄の恋人アニタのイメージである。もっと若々しい声質のソプラノを使ってほしかった

最近の録音で、ソプラノのバーバラ・ボニー盤ヘイリー盤のほうが清純なマリアを聴けるかもしれない(ボクはどちらも持ってないが)。


ヘイリーの「トゥナイト」


ヘイリーの"Somewhere" 曽我大介 指揮/関西フィル

この80年代の「ウェスト・サイド・ストーリー」の録音くらいから、オペラ歌手を起用して、名作ミュージカルをシンフォニックに録音されるようになった。
キリ・テ・カナワは好きではないが、何枚かミュージカルのオペラバージョンのCDを持っている。いずれも映画で好きだった名作ミュージカルである。

「マイ・フェア・レディ」
 ジョナサン・テュニック指揮/ロンドン交響楽団

「南太平洋」
 ジョン・モーセリ指揮/ロンドン交響楽団

やっぱり、ボクはフレデリカ・フォン・シュターデの若々しい優しい声が好きで、彼女の歌ったミュージカルを愛聴している。

「サウンド・オブ・ミュージック」
 エリック・カンゼル指揮シンシナティ・ポップス・オーケストラ

「ショウ・ボート」
 ジョン・マッグリン指揮ロンドン・シンフォニエッタ
nice!(0)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

妻とボクと息子のWALKMAN [その他]

きのうWALKMAN NW-S746を近所の電気量販店で買った。

今まで3年ほどNW-718Fを愛用してきた。買ったときは8GBは十分な容量に思っていた。さほど音質にはこだわらないので満足していたが、最近は容量8GBの限界を感じてきた。CD200枚分くらいは入れて満杯だったので、新しく転送しようと思えば何かを取捨選択しなければならなかった。
そんなに常時たくさん聴いているわけではないが、この取捨選択という作業がわずらわしかった。
いずれもっと大容量のモノに買い換えようと思うようになった。

息子が、むかし妻に買ってあげたWALKMAN NW-716Fをずっと取り上げていたが、自分専用のi-podかWALKMANのどっちでもいいからほしいと言い出した。
息子には数年前にポータブルMDプレーヤーを買い与えていたが、それでは満足できなくなったらしい。
「パパのお古でもええか?」「ええでぇ」
というわけで、本当はボーナスまで待とうかと思っていたが、一昨日店頭で下見してネットでも調べて、32GBのNW-S746に決めた。もう少し高いAシリーズの64GBも魅力だったが、ボディーが一回り大きいのに抵抗があった。
そして、炊飯器の下見ついでにWALKMANを買ってしまった。

息子が横取りしていたNW-716Fは妻に戻って、ボクのNW-718Fは息子のモノになった。

動画をたくさん取り込みさえしなければ、ボクの持っているほとんどのCDを転送できそうである。



左から
妻のNW-716F
息子に払い下げのNW-718F
ボクのNW-S746


NW-S746(ソフトケースのフタを開けたところ)


NW-S746(ソフトケースのフタを閉めたところ)


≪おまけ≫
タイトルと関係ないが、昨日・今日の休みでたくさん料理をした(いずれも不評だったが...)。


アジの南蛮漬け
(詳しくはコチラ↑)


子どもの弁当
(詳しくはコチラ↑)
nice!(0)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ひさしぶりにちょっとだけヴァイオリンを弾いた [ヴァイオリン]

今日午前中は、息子が自宅で1時間ばかりヴァイオリンのレッスンをするのを見てから、車でヴァイオリン教室に送迎した。

教室では、息子がカイザー教本3巻の#26がほぼ弾けているのを確認してから、バッハの「ラルゴ」に移った。
よく聴く曲だと思ったら、「無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番BWV1005」のLargoの重音を省いた編曲であった。
しみじみとした味わい深い曲であるが、息子はつまらなそうに無機質に弾いてしまう。
ボクも以前から「感情込めて弾くように」とは言っていたがなかなか息子に通じてないようであった。
先生は具体的にビブラートや強弱、音の発音などを指導されて、息子はやっと曲らしく美しく弾くようになった。
今日などは先生の指導で息子の演奏が劇的に変化するよい例であった。

午後からは妻とショッピングに行った後で夕方に1ヶ月ぶりくらいに小1時間ほどヴァイオリンを弾いた。
ちょいちょい息子の練習に立ち会って、「見本」のようなことを弾くことはあったが、まともに弾くのは久しぶりであった。

ロングトーンや2オクターブの音階・アルペジオでウォーミングアップしてから、ドビュッシー「亜麻色の髪の乙女」を軽くさらった。

それから、息子が「ラルゴ」の次に取り組むことになるであろうバッハ「アレグロ」(伴奏付きヴァイオリンソナタBWV1023の第1楽章「プレリュード」)を鈴木教本8巻でさらってみた。
この短い曲はCDで聴いてるとカッコいいのであるが、あの「シャコンヌ」のアルペジオにも通じるようなところもあって、テクニック的には今まで息子が弾いてきた曲からかなり飛躍してるように思えた。
おそらくこの曲も息子が練習するときに「お父さんも弾いてみて!」と言われそうであるから、ちょっと予習のつもりである。

スラスラとはいかないが、「シャコンヌ」のアルペジオと比べるとまだ何とか音を取れた。
今のところ息子の練習曲についていけそうで安心した。



J.S.バッハ「ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタBWV1023 第1楽章、第2楽章、第4楽章 」
nice!(0)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。